ヒートスリム42℃は気になる部分に貼るだけで、ダイエットになると言われています。

貼るだけなら、きっと続けられる…と思った人も多いハズ。

では、ヒートスリム42℃はどれくらいの時間つけていればいいのでしょうか?

 

ヒートスリム42℃が続く時間とは?

ヒートスリム42℃の温熱は、8時間ほど続くと商品の箱に書かれています。

そのため、8時間付け続けるのが、一番ベストです。

 

ですが、事情があって、8時間もつけられない人ももちろんいますよね?

例えば二の腕に貼っていたら、服を着るとき服に段差が出てしまって貼っているのがバレバレで出かけられない…なんてことも。

ならどうすればいいのかといいのでしょうか?

 

ヒートスリムを長時間付けられない場合どうする?

実は、一度貼ったヒートスリムを剥がしても、もう一度使えるんです。

 

ヒートスリム42℃は、内側に塗り込んであるカプサイシンなどの成分が溶け出してお腹を温めるという仕組みです。

なので、お腹に付けていない場合は、成分の溶け出しが止まるので、再度付けてもトータルで8時間は効果を実感できるというわけです。

 

最低2時間は着用した方がいい

ただし、途中で剥がしたとしても、なるべく一回の着用で2時間は付けておきたいところです。

 

ヒートスリム42℃の肌温度が一番高く感じられるのは、着用後2〜4時間です。

 

なので、ヒートスリム42℃を使うなら着用してから2〜4時間の時間は付けておくのがベターです。

 

口コミでも、2〜4時間使って、体が温まるのを特に実感する!という声が多く見られました。

 

2〜4時間であれば、出かけるなどの用事があっても、時間を逆算して貼る時間を考えやすいと思います。

ただ、誤解しないでほしいのは、ヒートスリム42℃は貼ってから20〜30分でメラメラと熱くなる効果があります。

それは、成分として含まれる唐辛子の辛味成分として有名なカプサイシンが、体を温め発汗を促すため。

だから、決して2時間以下で使用をやめたからといって効果がないわけではありません。

貼る時間をどうしても長時間取れない人もこまめに続けていれば実感できるはずですよ!

ヒートスリム42℃の圧倒的に効果的な使い方はこちら

→ヒートスリム42℃でスリムボディ!最大6348円引きの最安値はこちら