体を温めて、気になる体のぷにぷにをなくして理想のボディに近づけてくれると話題のヒートスリム42℃。

ヒートスリム42℃は、ボディから、足、なんと二の腕まで使用することができるんです!

特に、露出が多くなる季節が近づくと、二の腕のぷにぷにが気になる女性は多いのではないでしょうか。

なんせ二の腕は、痩せにくいと言われています。

普段あまり使わない部分なので、食事制限だけや、少し運動しただけでは二の腕の脂肪が減らないのです。

苦労したのに、二の腕だけ太いまま…というのは悲しいですよね。

そこで、ここではヒートスリム42℃の二の腕の貼り方を教えちゃいます。

 

ヒートスリム42℃に二の腕の貼り方

ヒートスリム42℃は、基本的にウエストに十分な効果を与えるために、ウエストの範囲にしっかり貼れる大きさで作られています。

そのため、二の腕に貼る際は、ヒートスリム42℃の台紙を剥がす前に、自分の二の腕に巻きつけられる長さに切りましょう。

貼るときは、二の腕の「振り袖」と言われるぷにぷにした部分に沿って貼るだけでなく、二の腕の上の部分にまで届くよう、ぐるっと巻いて貼りましょう。

そうすることで、二の腕がより温まり、高い効果を得ることができます。

でも、二の腕の上の部分が特に気になる!という人は、巻きつけず、その面の大きさに切って貼るのでもOK。

とにかく、二の腕のヒートスリム42℃が貼れる大きさになるようにしましょう。

もし、切るのが嫌だ!という人でも、シール面が重ならないように関節辺りまでぐるっと巻くことで、1枚まるまる巻くこともできます。

しかし、 切った方が痩せたいところにピンポイントで効果を発揮できるのでコスパもよくておすすめ です。

以上が、ヒートスリム42℃を二の腕に貼る方法です!

簡単なので、続けやすいし、あなたの二の腕もきっと痩せるはず。

ぜひ二の腕にヒートスリム42℃、試してみてくださいね。

→ヒートスリム42℃でスリムボディ!最大6348円引きの最安値はこちら